現在担当している仕事
私は現在、通信設備工事の施工管理を担当しています。
お客様が電話やインターネットと言った通信サービスの利用を申し込むと、お客様のお宅やNTT東日本をはじめとした電気通信事業者の交換局と、それぞれでの工事が必要となります。その時に、交換局で行われる通信設備に関わる一連の管理をすることです。実際に現場で工事の作業を行っていただくのは、協力会社の皆さんですが、工事に必要な指示書を作ったり、お客様宅の工事のスケジュール調整、工事を依頼した電気通信事業者の対応や予定内に工事が完了し通信サービスが無事利用できるかといった工事結果の確認が主な仕事です。電話やインターネットといった、現代社会では欠かすことのできない身近な通信インフラを支える社会的にも重要性の高い仕事だと思っています。

この仕事のやりがい
私が以前、電気通信事業者の交換局内の通信設備の設計業務を担当していた時のことです。それまでは、設置実績のある設備を使用して工事を行っていましたが、ある時全国でも初めて導入される通信設備を使った工事の設計を行うこととなりました。全国初となる設備なので当然誰も経験したことがない中、壁にぶつかる事だらけでした。実績があれば当時の担当者に聞いてとなりますが、関係するような資料を色々調べ、先輩と何度も打合せを繰り返し、無事設計を終えることが出来ました。私が作成した

それまでは既に使用実績のある設備を設置する工事を行っていましたが、ある時、全国でも初めて導入する通信設備の工事設計を行うことになりました。全国でも導入実績のない設備のため、周りには誰も経験したことがある人がいない中、様々な資料を調べ、先輩と何度も打合せを繰り返し、無事設計を終えることができました。私が作成した設計図面を先輩に引き継いで工事を行い、最後に形となって地域の皆さんへ新しい通信サービスの提供が始まった時は、言葉では言い表せない程の喜びの感情が沸きあがったことは今でも鮮明に思い出せます。通信インフラを担う仕事のやりがいを強く感じ、今も支えになっています。

 

TOSYSを選んだ理由
学生時代に情報通信について学んでいたため、通信に携わる仕事に就きたいと考えていました。そんな中、就職活動で出会ったのがTOSYSです。
通信インフラといっても様々なモノがありますが、TOSYSでは電話交換局内の通信設備から地域の通信インフラ、お客様宅の中の通信設備までを、作ったら終わりではなく、故障時等も早急に直し使っていただけるように作ったら終わりではなく、継続して使っていただけるよう施工から保守までと、幅広く携わっているところに興味を持ちました。通信インフラに携わるということは、現代社会に欠かすことのできないライフラインを担うということであり、責任の大きい仕事ですが、同時にやりがいも非常に大きいと感じています。日本で生きる全ての人が毎日使っている情報通信社会の一端を作っていく、そんな仕事に魅力を感じ、ぜひ自分も社会を支える一員として働きたいと思い、TOSYSを選びました。

 

就職活動を始める皆さんへ
会社を探す時、名前を知っている会社や仕事内容ばかりに目が行きがちではないでしょうか。ですが意外と、向き不向きは自分でも分からないものです。皆さんがご存じない会社、想像もつかないような仕事はたくさんあります。希望の会社に採用されたとしても、希望の業務につけるとも限りません。
ぜひ「この会社で頑張りたい、成長したい」そんな風に思える会社を探してください。
まずは広く構え、たくさんの人の話を聞いてみることから始めてみてください。